アメリカでチップを支払うときって?チップの相場&払い方は??

ハワイお役立ち情報 
 

\新着情報をお届け

ブログ講座・夢を叶える未来手帳講座の

最新情報はこちらから♪

( •ॢ◡-ॢ)

リリコ公式LINE

 
 

全般ランキング

\クリックにご協力お願いします♪/ 

 

海外旅行で困ることはたくさんありますが、その中でもチップの心配は大きいですよね!

 

今回はアメリカでのチップの払い方について更新してみたいと思います

 


 

どんな時にチップを払うの?

アメリカではチップの習慣があり、日本人は戸惑ってしまいますよね。

 

分かりやすく考えると、日本は全てサービス料込みが基本ですが、アメリカではサービスは基本料に含まれていないと言うことです。

 

なので、よくお客様は神様と言う日本の考え方がありますが、アメリカではお客様と店員さんは同等。

 

なので、基本チップなどを支払われることのないスーパーやセブンイレブン、マクドナルドなどでは愛想の良い人もいれば、無愛想な店員さんもいる。。。といった感じです。

 

『チップ(サービス料)が

払われないのであれば、

愛想良くする必要もないわ〜』

 

と言った感じであくまで自然体な感じです。

 

ですが、レストランやタクシーの運転手さんなどはチップをもらえるような職種ですから、サービス満点!笑

 

やってもらうことが当たり前の日本ですが、アメリカではやってもらえることは当然ではないので、受けたサービスにおいては対価を個人的にお支払いするといった考え方です。

 

例えば、ホテルの部屋に何かを持ってきてもらった、タクシーを呼んでもらった、重たいスーツケースをタクシーの運転手さんが運んでくれた、レストランのウェイターさんがとても愛想が良かった、などなど、日本では当たり前のことですが、アメリカでサービス業についている方達は、このサービスを提供することも収入源の大きな一つ。

(レストランなどはウェイターさんの基本給はかなり低く、チッブで賄う場合が多いです)

 

チップの相場は?

チップはあくまで受けたサービスに対してのお礼なので、必ずいくら支払わなければいけないと言うことはありません。

 

レストランだと食事代の15%〜20%ぐらいが相場となっています。

 

レストランによってはチップ込みで計算されている場合もあるので、二重にチップを支払わないように気をつけましょう。

 

タクシーの相場はチップが10%〜15%ほどですが、重たい物を持ってもらった場合などは荷物1つにつき$1プラスするといったような目安です。

 

ホテルでベッドメーキングしてくださる方へはベッドに1台に対して$1〜$2の目安で枕元に置いておきます。

 

また、ホテルなどのロビーに車を止めてポーターさんに駐車してもらう場合、車を受け取る際に$2〜$5が目安となります。

 

その他、スパやマッサージなどでも15%ほどを担当してくださった方に支払います。

 

払い方は?

直接チップを手渡す際は、別れ際に握手するように相手の手に渡すとさりげなくお渡しできます。

レストランなどではキャッシュでお支払いの場合はテーブルで精算を済ませ、チップをテーブルに残してお店を出ます。

 

カードで支払う際はチップの額を記入する項目があるので、そちらに金額を記入し、食事代とチップの合計額を記入します。

 

まとめ

日本には馴染みのないチップの習慣ですが、アメリカで生活する人たちにとってはお給料の一部となっているので、チップは大切な収入源の一つです。

 

渡し方にこだわりすぎてしまうとついつい渡しそびれてしまうこともあるので、あまりこだわらずにお渡しできるといいですね♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました