BIKIのアプリをダウンロードであとは簡単借り方・返し方講座♪お得な乗り方教えます!(2019年8月改定)

ハワイお役立ち情報 
※2019年8月にプラン改定がありました!

2016年の秋にハワイに初登場した”BIKI(ビキ)”こと、シェアバイク。

ロコはもちろん、観光客の方もBIKIを乗りこなしている姿がすっかりハワイの街並みにも溶け込み、ハワイの風を感じながら颯爽と自転車を漕いでいる方を見かけると、つい私も自転車に乗りたくなってしまいますww

そんなBIKIの借り方や返し方を事前に予習して、ハワイでBIKIのシェアバイクを乗りこなしちゃいましょう〜♪

スポンサーリンク

BIKIのアプリをダウンロード

BIkIを活用するには、アプリをダウンロードするととっても便利です。

アプリでは、自転車置き場場所や、今その自転車置き場に自転車が何台置いてあって、何台返却可能なのか、、、などがすぐに調べられるようになっています。

👇のURLからBIKIのアプリをダウンロードしてくださいネ♪

BIKIスタンドのRQコード☝️

アプリの1番左下のマークをタップすると、自分の現在地と周辺のBIKIストップが表示されます。

各BIKIストップごとに、自転車の空き状況がで表示されるようになっています。

緑色が多い場合は自転車の台数が多く、黒は自転車の数が少ないという意味です!

利用したいBIKIストップをタップすると、タップされたBIKIストップの下に黄色の印が付きます。

自転車の数と、返却可能台数の実際の数が表示されます。

利用料金はこちら↓

種類 料金 詳細
①1回利用 $4
1回のみ(30分以内)
延長料金は$4.5/30分ごと
②Free Spirit $25
300分間(5時間分利用・回数は無制限)
*2019年8月20日以降に購入分は
有効期限が1年間のみ
(2019年8月以前の購入者は無期限で使用可能)
③月利用
(アプリで登録が必須)
$15 30分以内であれば1ヶ月間無制限に使用可能
Commuter Plan
④月利用
(アプリで登録が必須)
$25 60分以内であれば1ヶ月間無制限に使用可能
Voyager Plan
時間内に返却できなかった場合は、30分ごとに延長料が$4.5加算されてしまうので、気をつけて下さいネ!

私のおすすめは、②の“Free Spiritプランです。

他のプランはすべて時間制限があるのですが、Free Spiritプランは時間制限がなく、時間を気にしなくて良いというのが最大のポイントです♪

時間制限があるとどうしても返却の時間が気になってしまうと思うのですが、かといって早く返却するのもちょっともったいないような、、、^^;

Free Spritプランは利用した時間分だけが基本300分から差し引かれるので、例えば10分間利用すると、残り290分の利用が可能ということになります。

ハワイに滞在している間、300分乗り降り自由に何度でも使えるというのはとっても便利で、料金的にもとってもお得です♪

BIKIの借り方

気になるのは料金の支払い方法だと思うのですが、1番簡単なのは、アプリで事前に支払いを済ませちゃうことだと思います。

に、Free Spritプランはアプリで自分がどれくらい利用したのかがすぐに確認できるので、安心です ^^

BIKIのお支払いをタッチパネルで行います☝️

BIKIストップでお支払いする場合は、設置してあるタッチパネルを操作して、プランを選び、クレジットカード、もしくはデビットカードでお支払いします。

言語設定で日本語が選択できるから安心だヨォ〜

料金の支払いが済むと、5桁の暗証番号が記載された紙が機械から出てきます。

暗証番号を入力する前に、自転車を選んで下記の内容をチェックしてくださいネ!

・サドルの高さを調整 
・ハンドルが汚れていないか(ゴムが外れて、ベトベトしていることが稀に、、、)
・タイヤのチェック

 

5桁の番号を入力☝️

自転車の側に、1・2・3とボタンが付いているので、紙に書いてある暗証番号を押すとロックが解除されるようになっています。

ロックが外れると、ガチャっという音がするのですぐに分かります〜♪

自転車ラックから取り出し、これで準備完了!

(少し力を入れて後ろに引っ張るような感じです!)

BIKIの返し方

返却の仕方もとっても簡単です。

BIKIストップを見つけて、BIKIストップに空きがあれば自転車をラックに返却します。

BIKIを借りた場所ではなく、どのBIKIストップに返却しても大丈夫なのでとっても便利です♪

BIKIストップに返却したら、ロックがかかっているか確かめましょう!

(ロックされていない状態だと、料金が課金され続けた状態になってしまうので気をつけて下さいネ!)

 

BIKIが引き出せなくなっていたらOK!返却完了〜♪

BIKI自体に鍵はついていないので、途中、お店による際などは近くのBIKIストップに駐輪するか、安全なところに停めるようにしてくださいネ!

お店の前に自転車を置きっぱなしにしておいて盗難された、、、という事態も発生しています。気をつけてくださいね!

まとめ

爽やかなハワイの風を感じながら、BIKIで自由にハワイの街並みを駆け抜けるなんて、想像しただけで楽しくなりますネ♪

使い方さえマスターすれば、とっても便利なBIKI!

ワイキキはちょっと車が多くて心配、、、という方は、ダイヤモンドヘッド麓のカパフルエリアや、ウォールアートで有名なカカアコエリアで挑戦してみるのもオススメです♪

カカアコのウォールアートで人気の『モンスター』への行き方&オススメ周辺スポット完全網羅♪

ブログで
継続的な収入を作るには
【仕組み】が全て♪
↓↓↓↓↓
ハワイお役立ち情報 
シェアする
リリコをフォローする
ホロホロアロハ

コメント

タイトルとURLをコピーしました