ハワイのトロリーとは?!活用方法&無料で乗車できちゃうお得な方法お教えします!

ハワイお役立ち情報 

ハワイ観光に欠かせないトロリー!

ハワイに来たら1度は乗ってみたいトロリーの活用方法や無料で乗車するお得情報をご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

ハワイのトロリーとは?

トロリーは旅行者の方の主な交通手段の一つです。

特にワイキキとアラモアナ間を巡回するトロリーは、10分間隔で運行されていてショッピングに行くのもとっても便利です。

ですが、このトロリーにはたくさんの種類があり、どれに乗って良いのか迷ってしまうほど・・・。

まずは、トロリーの種類をご案内します♪

トロリーの種類は、大きく分けると2つに分かれます。

①ワイキキトロリー:

有料になりますが、誰でも利用することができます。日本人以外の利用者もたくさんいます。

下記は誰でも利用可能なワイキキトロリーの路線と料金:

トロリーの種類 大人 子供 所要時間
ピンクライン
(ワイキキ・アラモアナショッピングコース)
$2
(片道)
$2
(片道)
約10分ごと
(1周約60分)
イエローライン
(ホノルル・ダイニング・エクスプレス)
$2
(片道)
$2
(片道)
約60分ごと
(1周約60分)
パープルライン
(パールハーバー歴史観光コース)
$25
(1日)
$15
(1日)
約70分ごと
(1周約140分)
レッドライン
(ハワイ文化観光コース)
$25
(1日)
$15
(1日)
約60分ごと
(1周約120分)
グリーンライン
(ダイヤモンドヘッド観光コース)
$25
(1日)
$15
(1日)
約35分ごと
(1周約70分)
ブルーライン
(パノラマコースト観光コース)
$25
(1日)
$15
(1日)
1日3便
(1周約2.5時間

②旅行会社ごとに運営している専用トロリー:

大手の旅行会社が各自運営しているトロリーは、その会社のツアーパッケージを利用しているお客様専用トロリーとなります。

専用トロリーの種類は

・JTB

・H.I.S.,

・ANA

などで、トロリーの周りにどの会社が運営しているトロリーかが分かりやすく表記されています。

ツアーパッケージにトロリーチケットが含まれている場合は、有効活用されて下さいね〜♪

(※ツアーパッケージにトロリー券が付いていない場合は、別途チケット購入が必要な場合もあります。)

ハワイでトロリー活用法

各旅行会社が運営するトロリーは様々なプランがあるので、行きたいルートが含まれているかなど事前に調べておかれるといいですね!

ワイキキトロリーはチケットを購入した方であれば、誰でも利用することができるということもあり、旅行会社さんのトロリーに比べると利用者が多く混雑してしまうこともあります。

(日本人だけではなく、ハワイの旅行者全てが利用します。)

『トロリーを待っていたのに、

すでに満員で乗車できなかった・・・。』

ということもあるようなので、宿泊先が免税店近辺の方は、始発の停留所である免税店でトロリーを待つと確実に乗車できるのでオススメです!

(特にワイキキ・アラモアナ間のピンクトロリーは満員になることがあるので要注意です・・・)

ワイキキトロリーのチケットは、免税店のトロリー乗り場で購入可能です。(午前8時〜午後9時)

※ピンクライン・イエローラインはトロリーに乗る際にお支払いするのでチケットは必要ありません。(1人$2)

ハワイでトロりーに無料乗車 JCBカード忘れずに!

とっても便利なトロリーですが、実はワイキキトロリーのピンクライン(アラモアナ・ワイキキショッピングコース)に無料で乗車する方法があるのです!

それはとっても簡単!

JCBのクレジットカードをバスの運転手さんに提示するだけで、片道$2のお支払いが免除され、トロリーに乗車できちゃうという旅行者にはとっても嬉しいサービスですよね!

さらに、1枚のカードで2名まで無料で乗車できてしまいます。

ということで、ハワイ旅行ではJCBカードは必須アイテムの一つです〜♪

旅行中、何度利用しても大丈夫なので是非活用して下さいね〜 ^^

まとめ

ワイキキトロリーや、各ツアー会社のトロリーのルートを把握して上手に利用すれば、有料のオプショナルツアーに参加しなくても、トロリーで観光ができちゃうことも!

また、ワイキキトロリーのピンクラインはJCBカードの提示で乗車無料になったりと、嬉しい特典も上手に活用して下さいね〜♪

ブログで
継続的な収入を作るには
【仕組み】が全て♪
↓↓↓↓↓
ハワイお役立ち情報 
シェアする
リリコをフォローする
ホロホロアロハ

コメント

タイトルとURLをコピーしました